万葉集 第10巻 2278番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2278番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2278番歌

第10巻
歌番号 2278番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 戀日之 氣長有者 三苑圃能 辛藍花之 色出尓来
訓読 恋ふる日の日長くしあれば我が園の韓藍の花の色に出でにけり
かな こふるひの けながくしあれば わがそのの からあゐのはなの いろにいでにけり
英語(ローマ字) KOFURUHINO KENAGAKUSHIAREBA WAGASONONO KARAAゐNOHANANO IRONIIDENIKERI
あの子に恋するようになって日が経つので、庭の鮮やかなケイトウの花の色のように、はっきりと人に知られるようになってしまった。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情、露見
タイトルとURLをコピーしました