万葉集 第10巻 2279番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2279番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2279番歌

第10巻
歌番号 2279番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 吾郷尓 今咲花乃 娘部<四> 不堪情 尚戀二家里
訓読 我が里に今咲く花のをみなへし堪へぬ心になほ恋ひにけり
かな わがさとに いまさくはなの をみなへし あへぬこころに なほこひにけり
英語(ローマ字) WAGASATONI IMASAKUHANANO WOMINAHESHI AHENUKOKORONI NAHOKOHINIKERI
我が里に今を盛りと咲く女郎花。その美しい彼女に恋い焦がれるのは耐え難いけれどそれでも恋い焦がれる。
左注
校異 四敝之 四 [定本]
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました