万葉集 第10巻 1855番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1855番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1855番歌

第10巻
歌番号 1855番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 櫻花 時者雖不過 見人之 戀盛常 今之将落
訓読 桜花時は過ぎねど見る人の恋ふる盛りと今し散るらむ
かな さくらばな ときはすぎねど みるひとの こふるさかりと いましちるらむ
英語(ローマ字) SAKURABANA TOKIHASUGINEDO MIRUHITONO KOFURUSAKARITO IMASHICHIRURAMU
桜花の季節はまだ過ぎ去ったわけではないが、花を見て惜しむ人々のために今を盛りと桜は散るのだろうか。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました