万葉集 第10巻 2128番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2128番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2128番歌

第10巻
歌番号 2128番歌
作者 作者不詳
題詞 詠鴈
原文 秋風尓 山跡部越 鴈鳴者 射矢遠放 雲隠筒
訓読 秋風に大和へ越ゆる雁がねはいや遠ざかる雲隠りつつ
かな あきかぜに やまとへこゆる かりがねは いやとほざかる くもがくりつつ
英語(ローマ字) AKIKAZENI YAMATOHEKOYURU KARIGANEHA IYATOHOZAKARU KUMOGAKURITSUTSU
秋風に乗って大和へ向かってゆく雁がいやますます遠ざかって行く。雲に見え隠れしながら。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました