万葉集 第10巻 1894番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1894番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1894番歌

第10巻
歌番号 1894番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 霞發 春永日 戀暮 夜深去 妹相鴨
訓読 霞立つ春の長日を恋ひ暮らし夜も更けゆくに妹も逢はぬかも
かな かすみたつ はるのながひを こひくらし よもふけゆくに いももあはぬかも
英語(ローマ字) KASUMITATSU HARUNONAGAHIWO KOHIKURASHI YOMOFUKEYUKUNI IMOMOAHANUKAMO
霞がかかった春の一日のように(あらかじめ約束しておいた)夜更けまで、彼女に逢うのが待ち遠しくて恋い苦しかったが、夜更けになってやっと彼女に逢えたよ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異
用語 春相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情
タイトルとURLをコピーしました