万葉集 第10巻 1956番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1956番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1956番歌

第10巻
歌番号 1956番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 山跡庭 啼而香将来 霍公鳥 汝鳴毎 無人所念
訓読 大和には鳴きてか来らむ霍公鳥汝が鳴くごとになき人思ほゆ
かな やまとには なきてかくらむ ほととぎす ながなくごとに なきひとおもほゆ
英語(ローマ字) YAMATONIHA NAKITEKAKURAMU HOTOTOGISU NAGANAKUGOTONI NAKIHITOOMOHOYU
大和にはやってきて鳴いているだろうか。ホトトギスよ。お前が鳴くたびに今は亡き人が偲ばれてならない。
左注
校異
用語 夏雑歌、奈良、地名、動物、懐古
タイトルとURLをコピーしました