万葉集 第10巻 1921番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1921番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1921番歌

第10巻
歌番号 1921番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄草)
原文 不明 公乎相見而 菅根乃 長春日乎 孤<悲>渡鴨
訓読 おほほしく君を相見て菅の根の長き春日を恋ひわたるかも
かな おほほしく きみをあひみて すがのねの ながきはるひを こひわたるかも
英語(ローマ字) OHOHOSHIKU KIMIWOAHIMITE SUGANONENO NAGAKIHARUHIWO KOHIWATARUKAMO
おぼろげにあなたの姿を見かけたばかりに、菅の根のように長い長い春の一日を恋続けていましたわ。
左注
校異 戀 悲 [元][類][紀]
用語 春相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました