万葉集 第10巻 2261番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2261番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2261番歌

第10巻
歌番号 2261番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄風)
原文 泊瀬風 如是吹三更者 及何時 衣片敷 吾一将宿
訓読 泊瀬風かく吹く宵はいつまでか衣片敷き我がひとり寝む
かな はつせかぜ かくふくよひは いつまでか ころもかたしき わがひとりねむ
英語(ローマ字) HATSUSEKAZE KAKUFUKUYOHIHA ITSUMADEKA KOROMOKATASHIKI WAGAHITORINEMU
泊瀬風が吹き付ける宵はいつまで続くのだろう。私は着物をふとんがわりに敷いて独り寝をしなければならないのに。
左注
校異
用語 秋相聞、初瀬、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました