万葉集 第10巻 2262番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2262番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2262番歌

第10巻
歌番号 2262番歌
作者 作者不詳
題詞 寄雨
原文 秋芽子乎 令落長雨之 零比者 一起居而 戀夜曽大寸
訓読 秋萩を散らす長雨の降るころはひとり起き居て恋ふる夜ぞ多き
かな あきはぎを ちらすながめの ふるころは ひとりおきゐて こふるよぞおほき
英語(ローマ字) AKIHAGIWO CHIRASUNAGAMENO FURUKOROHA HITORIOKIゐTE KOFURUYOZOOHOKI
萩の花を散らす雨が幾日も降り続く頃になると、(外出が厄介なので)独り家に居てあの子が恋しくなる夜が多くなる。。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました