万葉集 第10巻 2129番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2129番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2129番歌

第10巻
歌番号 2129番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 明闇之 朝霧隠 鳴而去 鴈者言戀 於妹告社
訓読 明け暮れの朝霧隠り鳴きて行く雁は我が恋妹に告げこそ
かな あけぐれの あさぎりごもり なきてゆく かりはあがこひ いもにつげこそ
英語(ローマ字) AKEGURENO ASAGIRIGOMORI NAKITEYUKU KARIHAAGAKOHI IMONITSUGEKOSO
夜明けのまだ薄暗い頃、朝の霧に見え隠れしながら鳴いて飛んで行く雁よ。私のこの切ない恋心を彼女に告げてほしい。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました