万葉集 第10巻 2303番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2303番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2303番歌

第10巻
歌番号 2303番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄夜)
原文 秋夜乎 長跡雖言 積西 戀盡者 短有家里
訓読 秋の夜を長しと言へど積もりにし恋を尽せば短くありけり
かな あきのよを ながしといへど つもりにし こひをつくせば みじかくありけり
英語(ローマ字) AKINOYOWO NAGASHITOIHEDO TSUMORINISHI KOHIWOTSUKUSEBA MIJIKAKUARIKERI
秋の夜は長いと言うけれど、積もりに積もった心が恋煩いに陥るまで苦しみ抜いたので、過ぎてしまえば短く感じられる。
左注
校異
用語 秋相聞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました