万葉集 第10巻 2304番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2304番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2304番歌

第10巻
歌番号 2304番歌
作者 作者不詳
題詞 寄衣
原文 秋都葉尓 々寶敝流衣 吾者不服 於君奉者 夜毛著金
訓読 秋つ葉ににほへる衣我れは着じ君に奉らば夜も着るがね
かな あきつはに にほへるころも あれはきじ きみにまつらば よるもきるがね
英語(ローマ字) AKITSUHANI NIHOHERUKOROMO AREHAKIJI KIMINIMATSURABA YORUMOKIRUGANE
秋の木の葉の色に染まったようなこの着物、私は着ないであなた様に差し上げようと存じます。夜も着て下さると思うので。
左注
校異
用語 秋相聞、恋愛
タイトルとURLをコピーしました