万葉集 第10巻 1909番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1909番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1909番歌

第10巻
歌番号 1909番歌
作者 作者不詳
題詞 寄霞
原文 春霞 山棚引 欝 妹乎相見 後戀毳
訓読 春霞山にたなびきおほほしく妹を相見て後恋ひむかも
かな はるかすみ やまにたなびき おほほしく いもをあひみて のちこひむかも
英語(ローマ字) HARUKASUMI YAMANITANABIKI OHOHOSHIKU IMOWOAHIMITE NOCHIKOHIMUKAMO
春霞が山にぼんやりたなびいているように、ただあの子をぼんやり眺めるばかりだったが、後々恋しくてならなくなるだろうな。
左注
校異
用語 春相聞、恋情、季節
タイトルとURLをコピーしました