万葉集 第10巻 1946番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1946番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1946番歌

第10巻
歌番号 1946番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 木高者 曽木不殖 霍公鳥 来鳴令響而 戀令益
訓読 木高くはかつて木植ゑじ霍公鳥来鳴き響めて恋まさらしむ
かな こだかくは かつてきうゑじ ほととぎす きなきとよめて こひまさらしむ
英語(ローマ字) KODAKAKUHA KATSUTEKIUゑJI HOTOTOGISU KINAKITOYOMETE KOHIMASARASHIMU
高々と茂るような木は決して植えまい、ホトトギスがやってきて木にとまり、しきりに鳴くと恋しさがつのるから。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました