万葉集 第10巻 1945番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1945番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1945番歌

第10巻
歌番号 1945番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 旦霧 八重山越而 霍公鳥 宇能花邊柄 鳴越来
訓読 朝霧の八重山越えて霍公鳥卯の花辺から鳴きて越え来ぬ
かな あさぎりの やへやまこえて ほととぎす うのはなへから なきてこえきぬ
英語(ローマ字) ASAGIRINO YAHEYAMAKOETE HOTOTOGISU UNOHANAHEKARA NAKITEKOEKINU
霧がかかった朝の山々を越えてホトトギスが卯の花が咲く丘の辺りを鳴きながらやってきた。
左注
校異
用語 夏雑歌、枕詞、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました