万葉集 第10巻 1906番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1906番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1906番歌

第10巻
歌番号 1906番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 梅花 吾者不令落 青丹吉 平城之人 来管見之根
訓読 梅の花我れは散らさじあをによし奈良なる人も来つつ見るがね
かな うめのはな われはちらさじ あをによし ならなるひとも きつつみるがね
英語(ローマ字) UMENOHANA WAREHACHIRASAJI AWONIYOSHI NARANARUHITOMO KITSUTSUMIRUGANE
梅の花を散らさないように手入れを怠らないようにしなければなりませんわ。大宮にお勤めのあの方がやってきてご覧になるかも知れませんもの。
左注
校異
用語 春相聞、植物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました