万葉集 第10巻 1916番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1916番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1916番歌

第10巻
歌番号 1916番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雨)
原文 今更 君者伊不徃 春雨之 情乎人之 不知有名國
訓読 今さらに君はい行かじ春雨の心を人の知らずあらなくに
かな いまさらに きみはいゆかじ はるさめの こころをひとの しらずあらなくに
英語(ローマ字) IMASARANI KIMIHAIYUKAJI HARUSAMENO KOKOROWOHITONO SHIRAZUARANAKUNI
雨が降ってきた今になってあなたはまさかお帰りにならないでしょうね。引き留めたいと思って降ってきた春雨の心をお知りにならないわけではないでしょうに。
左注
校異
用語 春相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました