万葉集 第10巻 1917番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1917番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1917番歌

第10巻
歌番号 1917番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雨)
原文 春雨尓 衣甚 将通哉 七日四零者 七<日>不来哉
訓読 春雨に衣はいたく通らめや七日し降らば七日来じとや
かな はるさめに ころもはいたく とほらめや なぬかしふらば なぬかこじとや
英語(ローマ字) HARUSAMENI KOROMOHAITAKU TOHORAMEYA NANUKASHIFURABA NANUKAKOJITOYA
春雨のことですもの。ひどく着物がびしょぬれになるなんてことがありましょうか。七日降ったら七日ともおこしにならないおつもりですか。
左注
校異 夜 日 [元][類][紀]
用語 春相聞、恋情、雨隠り
タイトルとURLをコピーしました