万葉集 第10巻 2275番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2275番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2275番歌

第10巻
歌番号 2275番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 言出而 云<者>忌染 朝皃乃 穂庭開不出 戀為鴨
訓読 言に出でて云はばゆゆしみ朝顔の穂には咲き出ぬ恋もするかも
かな ことにいでて いはばゆゆしみ あさがほの ほにはさきでぬ こひもするかも
英語(ローマ字) KOTONIIDETE IHABAYUYUSHIMI ASAGAHONO HONIHASAKIDENU KOHIMOSURUKAMO
口に出していうのははばかられるので朝顔の花が咲き出さないままの密かな恋をしています。
左注
校異 <> 者 [元][類][紀]
用語 秋相聞、植物、恋情、秘密
タイトルとURLをコピーしました