万葉集 第10巻 2131番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2131番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2131番歌

第10巻
歌番号 2131番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 左小<壮>鹿之 妻問時尓 月乎吉三 切木四之泣所聞 今時来等霜
訓読 さを鹿の妻どふ時に月をよみ雁が音聞こゆ今し来らしも
かな さをしかの つまどふときに つきをよみ かりがねきこゆ いましくらしも
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO TSUMADOFUTOKINI TSUKIWOYOMI KARIGANEKIKOYU IMASHIKURASHIMO
牡鹿が妻を求めて鳴く今宵、月が冴えわたり、雁の鳴き声もよく聞こえる。今にもこちらへ飛んで来るかのようだ。
左注
校異 牡 壮 [定本万葉集]
用語 秋雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました