万葉集 第10巻 1825番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1825番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1825番歌

第10巻
歌番号 1825番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 紫之 根延横野之 春野庭 君乎懸管 鴬名雲
訓読 紫草の根延ふ横野の春野には君を懸けつつ鴬鳴くも
かな むらさきの ねばふよこのの はるのには きみをかけつつ うぐひすなくも
英語(ローマ字) MURASAKINO NEBAFUYOKONONO HARUNONIHA KIMIWOKAKETSUTSU UGUHISUNAKUMO
紫草の根が地を這う横野の春の野に、あの方を思ってしきりにウグイスが鳴いている。
左注
校異
用語 春雑歌、大阪市、地名、動物、植物、枕詞、季節
タイトルとURLをコピーしました