万葉集 第10巻 2326番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2326番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2326番歌

第10巻
歌番号 2326番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 梅花 先開枝<乎> 手折而者 L常名付而 与副手六香聞
訓読 梅の花まづ咲く枝を手折りてばつとと名付けてよそへてむかも
かな うめのはな まづさくえだを たをりてば つととなづけて よそへてむかも
英語(ローマ字) UMENOHANA MADUSAKUEDAWO TAWORITEBA TSUTOTONADUKETE YOSOHETEMUKAMO
初咲きの梅を手折っておみやげと名付けて差し上げたら私のことと思って下さるでしょうか。
左注
校異 <> 乎 [元][類][紀]
用語 冬雑歌、植物、比喩
タイトルとURLをコピーしました