万葉集 第10巻 2325番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2325番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2325番歌

第10巻
歌番号 2325番歌
作者 作者不詳
題詞 詠花
原文 誰苑之 梅花毛 久堅之 消月夜尓 幾許散来
訓読 誰が園の梅の花ぞもひさかたの清き月夜にここだ散りくる
かな たがそのの うめのはなぞも ひさかたの きよきつくよに ここだちりくる
英語(ローマ字) TAGASONONO UMENOHANAZOMO HISAKATANO KIYOKITSUKUYONI KOKODACHIRIKURU
どこの園の梅の花だろう。この清らかな月夜にしきりに散ってくるけれど。
左注
校異
用語 冬雑歌、属目、植物
タイトルとURLをコピーしました