万葉集 第10巻 2104番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2104番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2104番歌

第10巻
歌番号 2104番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 朝<杲> 朝露負 咲雖云 暮陰社 咲益家礼
訓読 朝顔は朝露負ひて咲くといへど夕影にこそ咲きまさりけり
かな あさがほは あさつゆおひて さくといへど ゆふかげにこそ さきまさりけり
英語(ローマ字) ASAGAHOHA ASATSUYUOHITE SAKUTOIHEDO YUFUKAGENIKOSO SAKIMASARIKERI
朝顔は朝露を浴びて咲くのが美しいというけれど、真っ赤な夕光を浴びて咲くのもいっそう美しい。
左注
校異 果 杲 [元][紀]
用語 秋雑歌、植物、叙景
タイトルとURLをコピーしました