万葉集 第10巻 2141番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2141番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2141番歌

第10巻
歌番号 2141番歌
作者 作者不詳
題詞 詠鹿鳴
原文 比日之 秋朝開尓 霧隠 妻呼雄鹿之 音之亮左
訓読 このころの秋の朝明に霧隠り妻呼ぶ鹿の声のさやけさ
かな このころの あきのあさけに きりごもり つまよぶしかの こゑのさやけさ
英語(ローマ字) KONOKORONO AKINOASAKENI KIRIGOMORI TSUMAYOBUSHIKANO KOゑNOSAYAKESA
このごろの秋の明け方、霧の中から妻を呼ぶ牡鹿の声が聞こえる。そのすがすがしいこと。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました