万葉集 第10巻 1958番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1958番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1958番歌

第10巻
歌番号 1958番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 橘之 林乎殖 霍公鳥 常尓冬及 住度金
訓読 橘の林を植ゑむ霍公鳥常に冬まで棲みわたるがね
かな たちばなの はやしをうゑむ ほととぎす つねにふゆまで すみわたるがね
英語(ローマ字) TACHIBANANO HAYASHIWOUゑMU HOTOTOGISU TSUNENIFUYUMADE SUMIWATARUGANE
橘の木をたくさん植えて林にしよう。ホトトギスがいつもやって来るように、さらに冬になっても住みつくかも知れないのだから。
左注
校異
用語 夏雑歌、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました