万葉集 第10巻 1959番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1959番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1959番歌

第10巻
歌番号 1959番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 雨へ之 雲尓副而 霍公鳥 指春日而 従此鳴度
訓読 雨晴れの雲にたぐひて霍公鳥春日をさしてこゆ鳴き渡る
かな あまばれの くもにたぐひて ほととぎす かすがをさして こゆなきわたる
英語(ローマ字) AMABARENO KUMONITAGUHITE HOTOTOGISU KASUGAWOSASHITE KOYUNAKIWATARU
雨上がりの雲の早い流れに沿ってホトトギスがここ我が家の上空を春日山の方面に向かって鳴きながら飛んでいく。
左注
校異
用語 夏雑歌、奈良、地名、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました