万葉集 第10巻 2183番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2183番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2183番歌

第10巻
歌番号 2183番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 鴈<音>者 今者来鳴沼 吾待之 黄葉早継 待者辛苦母
訓読 雁がねは今は来鳴きぬ我が待ちし黄葉早継げ待たば苦しも
かな かりがねは いまはきなきぬ わがまちし もみちはやつげ またばくるしも
英語(ローマ字) KARIGANEHA IMAHAKINAKINU WAGAMACHISHI MOMICHIHAYATSUGE MATABAKURUSHIMO
近頃雁の鳴き声がしていたが、今ではここまでやってきて鳴いている。紅葉よ雁に遅れることなく、雁に続いて早く色づいておくれ。待ち遠しくてならない。
左注
校異 鳴 音 [元][類][温][京]
用語 秋雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました