万葉集 第10巻 2250番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2250番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2250番歌

第10巻
歌番号 2250番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄水田)
原文 春霞 多奈引田居尓 廬付而 秋田苅左右 令思良久
訓読 春霞たなびく田居に廬つきて秋田刈るまで思はしむらく
かな はるかすみ たなびくたゐに いほつきて あきたかるまで おもはしむらく
英語(ローマ字) HARUKASUMI TANABIKUTAゐNI IHOTSUKITE AKITAKARUMADE OMOHASHIMURAKU
春霞がたなびく頃から仮小屋を作り、秋の刈り入れの時期まで、長い間の仮住まい中、妻を思い続けて暮らさねばならない。
左注
校異
用語 秋相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました