万葉集 第10巻 1896番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1896番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1896番歌

第10巻
歌番号 1896番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 春去 為垂柳 十緒 妹心 乗在鴨
訓読 春さればしだり柳のとををにも妹は心に乗りにけるかも
かな はるされば しだりやなぎの とををにも いもはこころに のりにけるかも
英語(ローマ字) HARUSAREBA SHIDARIYANAGINO TOWOWONIMO IMOHAKOKORONI NORINIKERUKAMO
春になるとしだれ柳の枝がたわわに垂れ下がるが、その枝のように彼女は私の心にどっかと乗るようになった。
左注 右柿本朝臣人麻呂歌集出
校異 歌 [西] 謌
用語 春相聞、作者:柿本人麻呂歌集、略体、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました