万葉集 第10巻 2312番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2312番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2312番歌

第10巻
歌番号 2312番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 我袖尓 雹手走 巻隠 不消有 妹為見
訓読 我が袖に霰た走る巻き隠し消たずてあらむ妹が見むため
かな わがそでに あられたばしる まきかくし けたずてあらむ いもがみむため
英語(ローマ字) WAGASODENI ARARETABASHIRU MAKIKAKUSHI KETAZUTEARAMU IMOGAMIMUTAME
あられが袖に降りかかってきて、ころころ走り回る。それを袖を巻いて包み隠し、なくならないようにしよう。彼女に見せたいから。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出也)
校異 歌 [西] 謌
用語 冬雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、恋愛
タイトルとURLをコピーしました