万葉集 第10巻 2313番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2313番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2313番歌

第10巻
歌番号 2313番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 足曳之 山鴨高 巻向之 木志乃子松二 三雪落来
訓読 あしひきの山かも高き巻向の崖の小松にみ雪降りくる
かな あしひきの やまかもたかき まきむくの きしのこまつに みゆきふりくる
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMAKAMOTAKAKI MAKIMUKUNO KISHINOKOMATSUNI MIYUKIFURIKURU
巻向山は高い山よな。そのせいでその崖に生える松に雪が降りかかる。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出也)
校異
用語 冬雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、桜井、地名、叙景
タイトルとURLをコピーしました