万葉集 第10巻 2343番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2343番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2343番歌

第10巻
歌番号 2343番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雪)
原文 吾背子之 言愛美 出去者 裳引将知 雪勿零
訓読 我が背子が言うるはしみ出でて行かば裳引きしるけむ雪な降りそね
かな わがせこが ことうるはしみ いでてゆかば もびきしるけむ ゆきなふりそね
英語(ローマ字) WAGASEKOGA KOTOURUHASHIMI IDETEYUKABA MOBIKISHIRUKEMU YUKINAFURISONE
あの人の言い方が素敵なので、戸口から追って出ていきたいが、そうすると引きずる裳の跡がはっきりついてしまいます。だから雪さんよ。降らないでね。
左注
校異
用語 冬相聞、逢会
タイトルとURLをコピーしました