万葉集 第10巻 2031番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2031番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2031番歌

第10巻
歌番号 2031番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 吉哉 雖不直 奴延鳥 浦嘆居 告子鴨
訓読 よしゑやし直ならずともぬえ鳥のうら嘆げ居りと告げむ子もがも
かな よしゑやし ただならずとも ぬえどりの うらなげをりと つげむこもがも
英語(ローマ字) YOSHIゑYASHI TADANARAZUTOMO NUEDORINO URANAGEWORITO TSUGEMUKOMOGAMO
たとえ直接逢うことがかなわぬとも、せめて、私がトラツグミのような悲しい声で嘆き悲しんでいることを、使いにたってあの人に告げてくれる子がいたらなあ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました