万葉集 第10巻 2031番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2031番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2031番歌

第10巻
歌番号 2031番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 吉哉 雖不直 奴延鳥 浦嘆居 告子鴨
訓読 よしゑやし直ならずともぬえ鳥のうら嘆げ居りと告げむ子もがも
かな よしゑやし ただならずとも ぬえどりの うらなげをりと つげむこもがも
英語(ローマ字) YOSHIゑYASHI TADANARAZUTOMO NUEDORINO URANAGEWORITO TSUGEMUKOMOGAMO
たとえ直接逢うことがかなわぬとも、せめて、私がトラツグミのような悲しい声で嘆き悲しんでいることを、使いにたってあの人に告げてくれる子がいたらなあ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました