万葉集 第10巻 2030番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2030番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2030番歌

第10巻
歌番号 2030番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 秋去者 <川>霧 天川 河向居而 戀夜多
訓読 秋されば川霧立てる天の川川に向き居て恋ふる夜ぞ多き
かな あきされば かはぎりたてる あまのがは かはにむきゐて こふるよぞおほき
英語(ローマ字) AKISAREBA KAHAGIRITATERU AMANOGAHA KAHANIMUKIゐTE KOFURUYOZOOHOKI
秋がやってくると(七夕の日が近づくにつれ)、霧が立ちこめる天の川。その天の川に向かっていると、あの人が恋しく待ち遠しい夜が多くなりました。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 河 川 [元][類] / 霧 [温](塙) 霧立
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました