万葉集 第10巻 2201番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2201番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2201番歌

第10巻
歌番号 2201番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 妹許跡 馬鞍置而 射駒山 撃越来者 紅葉散筒
訓読 妹がりと馬に鞍置きて生駒山うち越え来れば黄葉散りつつ
かな いもがりと うまにくらおきて いこまやま うちこえくれば もみちちりつつ
英語(ローマ字) IMOGARITO UMANIKURAOKITE IKOMAYAMA UCHIKOEKUREBA MOMICHICHIRITSUTSU
馬に鞍置いて彼女の許へと生駒山を越えてきたところ、もう黄葉は散り始めていた。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良県、地名、植物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました