万葉集 第10巻 2017番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2017番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2017番歌

第10巻
歌番号 2017番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 戀敷者 氣長物乎 今谷 乏<之>牟可哉 可相夜谷
訓読 恋ひしくは日長きものを今だにもともしむべしや逢ふべき夜だに
かな こひしくは けながきものを いまだにも ともしむべしや あふべきよだに
英語(ローマ字) KOHISHIKUHA KENAGAKIMONOWO IMADANIMO TOMOSHIMUBESHIYA AFUBEKIYODANI
幾日も幾日も恋い焦がれてきたのだもの。今宵一日だけでも大切に思わなければ、せっかく逢える夜ですもの。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 <> 之 [元][紀]
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました