万葉集 第10巻 2018番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2018番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2018番歌

第10巻
歌番号 2018番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (七夕)
原文 天漢 去歳渡代 遷閇者 河瀬於踏 夜深去来
訓読 天の川去年の渡りで移ろへば川瀬を踏むに夜ぞ更けにける
かな あまのがは こぞのわたりで うつろへば かはせをふむに よぞふけにける
英語(ローマ字) AMANOGAHA KOZONOWATARIDE UTSUROHEBA KAHASEWOFUMUNI YOZOFUKENIKERU
去年あった天の川の渡り場が移ってしまっていて、川瀬を探している内に夜が更けてしまいました。
左注 (右柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 秋雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、七夕
タイトルとURLをコピーしました