万葉集 第10巻 2035番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2035番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2035番歌

第10巻
歌番号 2035番歌
作者 作者不詳
題詞 (七夕)
原文 年有而 今香将巻 烏玉之 夜霧隠 遠妻手乎
訓読 年にありて今か巻くらむぬばたまの夜霧隠れる遠妻の手を
かな としにありて いまかまくらむ ぬばたまの よぎりこもれる とほづまのてを
英語(ローマ字) TOSHINIARITE IMAKAMAKURAMU NUBATAMANO YOGIRIKOMORERU TOHODUMANOTEWO
夜霧にこもって見えないが、今頃は遠妻(織り姫)を手枕にして共寝しているでしょうか牽牛は。一年ぶりに。
左注
校異
用語 秋雑歌、七夕
タイトルとURLをコピーしました