万葉集 第10巻 2134番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2134番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2134番歌

第10巻
歌番号 2134番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鴈)
原文 葦邊在 荻之葉左夜藝 秋風之 吹来苗丹 鴈鳴渡 [一云 秋風尓 鴈音所聞 今四来霜]
訓読 葦辺なる荻の葉さやぎ秋風の吹き来るなへに雁鳴き渡る [一云 秋風に雁が音聞こゆ今し来らしも]
かな あしへなる をぎのはさやぎ あきかぜの ふきくるなへに かりなきわたる [あきかぜに かりがねきこゆ いましくらしも]
英語(ローマ字) ASHIHENARU WOGINOHASAYAGI AKIKAZENO FUKIKURUNAHENI KARINAKIWATARU [AKIKAZENI KARIGANEKIKOYU IMASHIKURASHIMO]
葦辺に生える荻の葉がざわつき、秋風が吹き寄せてきた。折しも雁が鳴きながら空を渡っていった。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、動物、異伝
タイトルとURLをコピーしました