万葉集 第10巻 2113番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2113番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2113番歌

第10巻
歌番号 2113番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 手寸<十>名相 殖之名知久 出見者 屋前之早芽子 咲尓家類香聞
訓読 手寸十名相植ゑしなしるく出で見れば宿の初萩咲きにけるかも
かな ***** うゑしなしるく いでみれば やどのはつはぎ さきにけるかも
英語(ローマ字) ***** UゑSHINASHIRUKU IDEMIREBA YADONOHATSUHAGI SAKINIKERUKAMO
自ら用意し、植えた甲斐があって、庭に出てみたら(私の植えた)萩が初めて咲いた。
左注
校異 <> 十 [西(右書)][元][類][紀]
用語 秋雑歌、植物、難訓
タイトルとURLをコピーしました