万葉集 第10巻 2244番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2244番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2244番歌

第10巻
歌番号 2244番歌
作者 作者不詳
題詞 寄水田
原文 住吉之 岸乎田尓墾 蒔稲 乃而及苅 不相公鴨
訓読 住吉の岸を田に墾り蒔きし稲かくて刈るまで逢はぬ君かも
かな すみのえの きしをたにはり まきしいね かくてかるまで あはぬきみかも
英語(ローマ字) SUMINOENO KISHIWOTANIHARI MAKISHIINE KAKUTEKARUMADE AHANUKIMIKAMO
(あの人は)住吉の岸を水田として開拓し、稲を蒔いた。次は稲を刈り取る番だが、それまであの人は逢ってくれないつもりでしょうか。
左注
校異
用語 秋相聞、大阪、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました