万葉集 第10巻 2245番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2245番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2245番歌

第10巻
歌番号 2245番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄水田)
原文 剱後 玉纒田井尓 及何時可 妹乎不相見 家戀将居
訓読 太刀の後玉纒田居にいつまでか妹を相見ず家恋ひ居らむ
かな たちのしり たままきたゐに いつまでか いもをあひみず いへこひをらむ
英語(ローマ字) TACHINOSHIRI TAMAMAKITAゐNI ITSUMADEKA IMOWOAHIMIZU IHEKOHIWORAMU
刀の柄に巻き付ける玉ではないが、種を蒔くのにいつまでかかるのだろう。その間、彼女と顔を合わせないまま家が恋しい。
左注
校異
用語 秋相聞、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました