万葉集 第10巻 1867番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1867番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1867番歌

第10巻
歌番号 1867番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 阿保山之 佐宿木花者 今日毛鴨 散乱 見人無二
訓読 阿保山の桜の花は今日もかも散り乱ふらむ見る人なしに
かな あほやまの さくらのはなは けふもかも ちりまがふらむ みるひとなしに
英語(ローマ字) AHOYAMANO SAKURANOHANAHA KEFUMOKAMO CHIRIMAGAFURAMU MIRUHITONASHINI
阿保山の桜の花は今日も乱れ散っていくようだ。見る人もないままに。
左注
校異
用語 春雑歌、地名、植物、哀惜
タイトルとURLをコピーしました