万葉集 第10巻 1868番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1868番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1868番歌

第10巻
歌番号 1868番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 川津鳴 吉野河之 瀧上乃 馬酔之花會 置末勿動
訓読 かはづ鳴く吉野の川の滝の上の馬酔木の花ぞはしに置くなゆめ
かな かはづなく よしののかはの たきのうへの あしびのはなぞ はしにおくなゆめ
英語(ローマ字) KAHADUNAKU YOSHINONOKAHANO TAKINOUHENO ASHIBINOHANAZO HASHINIOKUNAYUME
これは、河鹿鳴く吉野川の滝のほとりに咲いていた馬酔木(あしび)の花ですよ。ゆめゆめ粗末にしないで。
左注
校異
用語 春雑歌、吉野、地名、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました