万葉集 第10巻 1821番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1821番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1821番歌

第10巻
歌番号 1821番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠鳥)
原文 春霞 流共尓 青柳之 枝喙持而 鴬鳴毛
訓読 春霞流るるなへに青柳の枝くひ持ちて鴬鳴くも
かな はるかすみ ながるるなへに あをやぎの えだくひもちて うぐひすなくも
英語(ローマ字) HARUKASUMI NAGARURUNAHENI AWOYAGINO EDAKUHIMOCHITE UGUHISUNAKUMO
春霞が流れる中、青柳の枝をくわえたままウグイスが鳴いている。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました