万葉集 第10巻 1812番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1812番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1812番歌

第10巻
歌番号 1812番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 春雜歌
原文 久方之 天芳山 此夕 霞霏d 春立下
訓読 ひさかたの天の香具山この夕霞たなびく春立つらしも
かな ひさかたの あめのかぐやま このゆふへ かすみたなびく はるたつらしも
英語(ローマ字) HISAKATANO AMENOKAGUYAMA KONOYUFUHE KASUMITANABIKU HARUTATSURASHIMO
この夕べ、天の香具山に霞がたなびいている。春がやってきたようだ。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異 歌 [西] 謌
用語 春雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、飛鳥、地名、枕詞、季節
タイトルとURLをコピーしました