万葉集 第10巻 1813番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1813番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1813番歌

第10巻
歌番号 1813番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 巻向之 桧原丹立流 春霞 欝之思者 名積米八方
訓読 巻向の桧原に立てる春霞おほにし思はばなづみ来めやも
かな まきむくの ひはらにたてる はるかすみ おほにしおもはば なづみこめやも
英語(ローマ字) MAKIMUKUNO HIHARANITATERU HARUKASUMI OHONISHIOMOHABA NADUMIKOMEYAMO
巻向の檜林に春霞がおぼろに立ちこめている。軽々しい気持ちで難渋しつつここまでやって来るでしょうか。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異
用語 春雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、桜井、奈良、地名、季節
タイトルとURLをコピーしました