万葉集 第10巻 2204番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2204番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2204番歌

第10巻
歌番号 2204番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 秋風之 日異吹者 露重 芽子之下葉者 色付来
訓読 秋風の日に異に吹けば露を重み萩の下葉は色づきにけり
かな あきかぜの ひにけにふけば つゆをおもみ はぎのしたばは いろづきにけり
英語(ローマ字) AKIKAZENO HINIKENIFUKEBA TSUYUWOOMOMI HAGINOSHITABAHA IRODUKINIKERI
秋風が日増しに強く吹くようになってきて、露が降りるようになったので、萩の下の方の葉が色づいてきた。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節、属目
タイトルとURLをコピーしました