万葉集 第10巻 1995番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1995番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1995番歌

第10巻
歌番号 1995番歌
作者 作者不詳
題詞 寄日
原文 六月之 地副割而 照日尓毛 吾袖将乾哉 於君不相四手
訓読 六月の地さへ裂けて照る日にも我が袖干めや君に逢はずして
かな みなづきの つちさへさけて てるひにも わがそでひめや きみにあはずして
英語(ローマ字) MINADUKINO TSUCHISAHESAKETE TERUHINIMO WAGASODEHIMEYA KIMINIAHAZUSHITE
水無月(新暦では真夏の七月)、地面さえ裂けるかんかん照りの日でも私の着物の袖は涙で乾くことがありません。あなたにお逢いできないので。
左注
校異
用語 夏相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました